HOME >> 工法紹介 >> SMCシステム:工法概要

SMCシステム:工法概要

工法概要

推力モニターコントロールシステム
SMCシステム

SMCシステム

1.工法の説明

SMCシステムは、泥水・泥土圧・泥濃式すべての工法で、安全・確実に施工を行う 補助システムです。従来の長距離工法の自動滑材注入に加え、推力モニタージャッキにより、 推力監視・推力上昇のサポートを行います。

2.SMCの3原則

smcの3原則

管渠布設工事が進む中、近年の推進技術は急激に発展してまいりました。

今後もさらに複雑な施工条件での対応や、工事費の縮減がもとめられることが予想され、幅広くこのニーズに応えていかなければなりません。

そこで、これらのニーズに対応し、長距離、曲線、難地盤推進をより安全・確実・低コストに施工できるシステムをここに開発いたしました。

3.特 徴

  1. 推力モニタージャッキに設置により、モニター管部及び元押装置部においてタイムリーに推力傾向をとらえることが出来ます。
  2. (1.)により無駄のない滑材注入を推進管の外周部に均一適確に行うことが出来、地山との摩擦抵抗値の低減効果に優れています。
  3. 低推力施工が行えることにより、使用管種が必要最低限のランクとなり、また工期の短縮が行え極めて経済的です。
  4. 泥水・土圧・泥濃式のあらゆる推進工法の対応可能(φ600〜φ3000mm)
  5. 集中管理機構により、推力の監視と滑材注入の管理が同時に行えます。
  6. 予想外の地盤変化、障害物、または施工休止期間後の再発進時に、モニタージャッキが威力を発揮します。
      (中押装置のような効果が得られます)

4.工法概念図

工法概念図

協会事務局