HOME >> 工法紹介 >> 泥水式マッドマックス工法:工法概要

泥水式マッドマックス工法:工法概要

工法概要
技術資料

泥水式推進
マッドマックス工法  φ800mm〜φ3000mm

泥水式マッドマックス工法

1.工法の説明

泥水式マッドマックス工法は高水圧・巨礫に対応する大口径泥水式推進工法であり、SMCシステム(推進モニター&推力コントロールシステム)を併用 することにより呼び径φ800mm〜φ3000mmまでの推進管の急曲線・長距離施工が可能となりました。

2.特 徴

  1. 急曲線施工(最小15R程度)が可能です。
  2. SMCシステムを併用することにより、500m以上の長距離施工が可能です。
  3. 普通土、砂礫層、玉石層、軟岩まで幅広い土質に対応しています。
    @礫の最大礫径は800mm程度
    A礫の含有率は60%程度(礫の一軸圧縮強度は、200MN/u程度)
                     (岩盤の一軸圧縮強度は、100MN/u程度)
  4. ビットの形状を替えることができます。
    (標準ビット、ローラービット、切削ビット)

3.工法概念図

泥水式マッドマックス概念図

協会事務局